事務所のご案内  ご相談料金のご案内  お問い合わせはこちらから

守屋行政書士事務所HP

2005年06月07日

成年後見制度はなぜ普及しないのか 感想

 アスラ様、宣伝ありがとうございます。内容はアスラ様の見解でそのまま、よろしいかと思います。

 成年後見制度が全体的には普及しているとはいえない要因は、いくつかあると思います。例えば高齢者向けの商品・サービスとして、遺言信託や介護サービス。あるいは各種の生命保険や、医療保険、損害保険等と比較して成年後見関係の利用者は少ないです。どうしてなんでしょうね?

 普及しない要因を思いつくまま挙げると、
@どんな制度・サービスの内容かよくわからない。
A成年後見制度になる以前の禁治産者・準禁治産者制度がよろしくなかったので、新しい制度も抵抗を感じる。
B法律上、各種の権利を制限されるので、人格が否定された感覚になる。
C法律上、自分に代わって、何かをするという制度ですので、家族がいれば、家族にやってもらえばいいという考えがあるので。
D利用する手続が面倒ですよね。家庭裁判所なんて行ったこともないから。わけわかんないです。

 ざっと、こんな感じでしょうか。他にも理由はあるでしょうね。まあ、気軽に保険の一種と考えて、補助制度(任意後見)あたりから契約してみて、実際の料金支払は、最初のうちは、毎月いくらの定額制ではなくて、実際に利用した金額でよろしいかもしれません。法的にいろいろもめることなんて、あまりないでしょうから。割高感を抑えることも必要かもしれません。


 これからも疑問やお考えが生じましたらお問い合わせくださるとうれしい限りです。

 適当に検索していたら、日本相続新聞社(どんな会社だ?)の記事を見つけました。自分の財産の処分(遺言・相続)に任意後見制度を活用しようという内容です


posted by 守屋行政書士事務所 at 13:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 制度解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
医療保険・がん保険の詳しい資料のご請求は「ほけんの窓口」で。
FPによる無料電話相談を実施しています!ぜひご利用ください。
ご来訪お待ちしております。
Posted by 医療保険・がん保険 at 2007年10月29日 18:20
とても面白いブログですね。
これからも頑張って下さい。
Posted by ほけんの窓口で保険見直し at 2011年07月17日 10:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。