事務所のご案内  ご相談料金のご案内  お問い合わせはこちらから

守屋行政書士事務所HP

2012年09月17日

発達障害 自閉症 金銭管理 財産管理 生活支援サービス

 自閉症、アスペルガー症候群、自閉症スペクトラム、広範性発達障害、注意欠陥多動性障害(AD/HD)ほかの発達障害を有する人たちの中には、全体を把握して、先の予定を計画的に立て、給与等の定期的な収入を計画的に分散・管理・消費することが技能としてなかなか難しいという方々もいらっしゃるのではないでしょうか。

 そのような方々に対しては、預貯金の管理、計画的な積立、消費の際の助言、不動産の賃貸借や高額な契約をする際の助言(代理よりは助言がふさわしいでしょう)等の生活支援サービスを実施しております。精神上の障害がある成年後見制度を利用しての「補助」類型というよりは、行動に支障があるためのトレーニングの一環として、民法上の委任契約として短期での活用もできます。

 長年にわたるご家族関係の悪化で家族には頼れない一人暮らしの方々や、ご家族の高齢化等でだれかを支援担当として設置する必要があるようなとき、そしてもちろん自立して生活することを誇りにしているときに、活用してもらいたいものです。

 悪質な「友人」・知人からの搾取、携帯電話等の高額すぎる利用代金、高額商品・クレジットでのたび重なる衝動買い、悪質商法からの被害等の予防に利用できます。

 非正規雇用の解雇などで生活資金に欠けるときは、生活保護などの代理申請にもご協力しています。

 当行政書士事務所では、社会的弱者の権利擁護を重要指針のひとつとして、法律関係の支援サービスを提供しています。お問い合わせは、電話090−3801−5933、電話受付は9−23時です。
posted by 守屋行政書士事務所 at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック