事務所のご案内  ご相談料金のご案内  お問い合わせはこちらから

守屋行政書士事務所HP

2005年03月08日

代理権とは何か

 被保佐人・被補助人の事前同意があれば、本人に代わって法律行為をすることができる権利(代理権)を保佐人・補助人に与える審判を家庭裁判所ですることができます。ただし、婚姻や遺言状の作成のような身分上の行為や、病院での治療方針の決定のような他人による代理権の行使が認められない行為は、代理権付与審判の対象にはなりません。また、保佐人・補助人に代理権が付与されても、本人が保佐人・補助人の同意を得て自らが契約締結できることには変わりありません


posted by 守屋行政書士事務所 at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 用語解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。