事務所のご案内  ご相談料金のご案内  お問い合わせはこちらから

守屋行政書士事務所HP

2009年10月26日

生活福祉資金の貸し渋り? 神奈川県社会福祉協議会

 各都道府県の社会福祉協議会が担当している生活福祉資金貸付制度の中の緊急小口資金に関して、生活保護開始申請者が生活保護を利用できるまでのつなぎ資金として利用できるように、先日、市町村の社協を通じて神奈川県社会福祉協議会に問い合わせたところ、生活保護の開始を申請した人は、貸付の対象外との返事がありました。

 ところが、後でたまたま見つけた平成21年3月18日付の社援地発第0318001号、厚生労働省社会・援護局地域福祉課長名の通知を見ると、公的給付の開始前までの生活費として、緊急小口資金を貸付できると書いてあります。

 一方、これもたまたま見つけた北海道社会福祉協議会担当者の2007年の報告書では、生活保護の支給対象外のことに対して生活福祉資金を貸し付け、返済も完了した事例が記載されています。

 ということは、生活保護を利用しているからカネを貸さない、生活保護費では、借金を返済させないことがルールではないことになります。

 もともと生活福祉資金制度は、資金に余裕がない人たちのための福祉制度です。そのような人にどれだけ融資して、どのようにして返済してもらうかを立案することが社会福祉協議会の貸付事業ではないでしょうか。

 神奈川県社協では、カネがない生活保護利用者(開始申請者)の個別の事情を聴取・検討することなく、一律に貸付を否定していて、これって、明確な理由がない単なる貸し渋りと考えます。

 というわけで、国の方針との相違はなぜおきているのか、神奈川県社会福祉協議会の貸付基準について、情報公開請求をする予定です。進展があり次第、ここでまた報告します。
posted by 守屋行政書士事務所 at 16:34| Comment(9) | TrackBack(0) | 用語解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もこの制度を知り利用したいと相談に行ったのですが、職員の話では、現在実績が0件で、御宅様が初めてだと言われました。

貸付には『連帯保証人が原則必要。ただし保証人を立てない場合でも貸付可能』との記載があるのですが、説明があいまいで、『原則として連帯保証人は必要であるので準備されたほうがいいですよ』…といわれました。
これっておかしな話ですよね!(矛盾してる!)

また、この制度を利用するにあたり、民生委員と相談しながら手続きを行うそうで、その民生委員の方とお話をしたのですが、この制度をよく理解していないのか…少したよりない感じを受けました。

Posted by こまったチャン at 2009年11月11日 16:33
本日川崎氏多摩区の社会福祉協議会へ問い合わせをしたところ,制度の説明無しに区役所で生保を申請しろと言われました。
貸し渋るくらいならそんな制度を作らなければいいのに。。
Posted by 自殺寸前 at 2010年02月19日 16:12
22年3月中旬から連帯保証人は不要で利用できるようになります。
しかし、生活保護申請のうえ、印鑑証明や住民票、公的身分証明証、振込口座など書類添付のほかを完備したら、最短7日以降に口座に振り込むことになるようです。
Posted by たかはし at 2010年02月28日 22:07
 たかはし様、コメントありがとうございます。コメントの実例は、どこの都道府県でしょうか。教えてくださるとありがたいです。
Posted by 守屋行政書士事務所 at 2010年02月28日 23:22
はじめまして、今生活福祉資金の申請をして
約3週間、30枚あまりの書類とそれを用意
するためのたらい回し!
散々な目にあっていますが、社会福祉協議会と
闘っています!!
60万まで出る生活再建費も20万ぐらいしか
出せないよと言われ、納得ができず今から地元の議員さんと談判に行きます。
確かに貸し渋りは存在します、まさに私はその
闘いの真っ只中で毎日役所周りで奔走しています

何か参考になるアドバイスができるかもしれませんので気になった方はメールで御意見をお寄せください。
Posted by metalforce at 2010年05月10日 12:13
社会福祉協議会は偽善的な組織でしかない。体をなしていない組織であり職員の資質また業務に対しての姿勢心構えは一体どうなっているのか
Posted by さち at 2010年09月26日 00:50
初めまして。八王子在住ですがこちらの協議会も今現在、資金が底をつきましたが次の仕事が決まりそうなので繋ぎ資金として緊急小口の相談に行きました。担当者曰く在籍確認するから決まったら再申請して。とピシャリ。今の資金状況などの話は聞いてくれなかったです。とりあえず子供を緊急保護してもらうため児童相談所に相談中です。
Posted by ほのか at 2012年04月09日 16:15
相談にいったらその収入では回収できそうにないので、銀行に相談にいってください。とのこと!ほかでは無理だから相談にいったのに!この低い収入でお金を貸してくれる銀行を教えてほしいぐらいです。そんな、福祉資金はどんな人が利用できるのですか?
Posted by 父子家庭 at 2013年10月09日 23:19
先日、青森の社協へ相談に行きました。
でも、相談と言う感じではなく、恥をさらしにいってるような気分にさせられて帰ってきました。
旦那が仕事をしていても、私が今まだ無職だから該当にならないよ。
と、言われ、信用生協を紹介するから行ってみて…と。
そこがダメなら生活保護の申請した方がいいと思うけど。
うちは、ちゃんと収入があって、返済見込みのある人が対象だから…と。

低所得者を対象にって書いてるのに、矛盾してませんか?
社協の人に、『仕事が見つからなくても、とりあえず奥さんがハローワークで就活してる証明になるものがあればねぇ…そうすればなんとか貸付の対象になるんだけど。実際そういう人もいるし』と言われたので、まだ生まれて間もない子供を保育園に預け、ハローワークにも通い、面接なども受けて、また社協に行くと、今度は『仕事決まってないんでしょ?仕事決まったらまた来てみて』って言われました。
言ってることが違うじゃない!怒
なんなんですかね、社協って。
結局は貸さないんでしょうか…
最近また新しい制度が四月から始まったみたいですが、貸し渋りは変わらないでしょうね…
もう限界まで来てるのに…
Posted by 子育て奮闘中ママ at 2015年04月02日 16:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131220379

この記事へのトラックバック